プロフィール

いしいまさひろ

アスケル東京    いしいまさひろ

足のバランスアドバイザー、インソール技師。

フィンランド・アスケルクリニックで足病学の教育を受け、インソール作製の技術を確立。

2008年「アスケル東京」を立ち上げ、

個々に合わせた足や体のトラブルを解消するインソールを提供。

下肢にかかわる全般的なサービスを行う。

足をいい状態に支えると体も自然と整う!

毎日、足や体の不調を抱えた人がやってきます。足首や足底全体が痛い人、膝痛、腰痛など、その症状はさまざま。

「体の痛みは病院に行っても治療方法がなく、痛み止めを処方するだけで、根本治療をしてくれないケースが多く、そんな人が駆け込んできます」

ここの特徴は足だけでなく、体全体の問題点を確認するところ。

「本来、体をバランスよく支えるためには、かかと、親指の付け根、小指の付け根の3点に、それぞれ50%、35%、15%の割合で分散されているのが理想です。ところが最近は親指を使っていない人が多く、その不安定さを他の部位でバランスをとるため、体が歪んでいる人がとても多いのです」

まずは足や体の調整をして、正しく立てる体に。そのうえで、そのいい状態の足型を元にインソールを作製します。

「足がいい状態にサポートされることで、各筋肉が正しく使われるようになります。体を歪ませていた偏った筋肉が緩み、正しい筋肉がつくことでバランスのいい体を取り戻し、結果、痛みが改善します。年齢は1歳半から95歳まで。一般の人からアスリートまで、さまざまな症状に対応します」

2018年3月に当店を利用された医療関係者より、当方の提供するサービスの内容について

医者から見たフットセラピーというお話をしていただきました

ご興味がありましたらクリックするとそのページにジャンプしますのでご覧ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする