アキレス腱炎(過回内)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランニング中、急にアキレス腱が痛くなったので整形外科に行くと、湿布薬をくれてしばらく安静にしておけといわれたが、3週間経過しても良くならないと悩んでいる人が少なくないようです。

アキレス腱炎で悩む多くの人は、「自分はストレッチをいつもやっている、特にふくらはぎ周りのストレッチは丁寧にやっている」と話す。

ところが、なぜかアキレス腱が痛くなる。

整形外科も、整骨も整体も湿布と電気とマッサージだけであると不満を述べ、なんとか注射で楽にならないかと即効性を求めるようです。

 

しかし、炎症が起きるにはそれなりの原因があるわけで、その原因の一つが、「過回内」です。

写真の様に、踵が回内してしかも偏平足の場合、そこから作り出されるトラブルは大変です。

・ストレッチをするたびに、アキレス腱をねじりながら引き伸ばすことになりアキレス腱に多くねじれのストレスがかかる

・ランニング中に着地のたびに、後脛骨筋、腓骨筋に大きなストレスがかかる

・くるぶしの外、内側に大きなストレスかがかかる

・足首の関節に内側にねじれ落ちるような動きが激しく加わる

これらにより、足の衝撃吸収機能が失われ、足関節、膝へとねじれたストレスかが掛かり各関節周りの筋肉を傷めてゆきます。

この状態を解決しないで、静かに炎症が治まるのを待って、炎症がなくなっても、ランニングを再開すると前より短い期間で同じ症状が現れてくると思われます。

これは、湿布薬や注射では解決できないもので、その原因は足の機能不全にあるといえます。

簡単な解決方法は、アスケルのフットセラピーフィンソールの利用に加えてアスケルで提供する簡単ですが効果的なストレッチを毎日2分行うことです。