インソールでタコが出来た

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなに専門医が有名で素晴らしくっても実際にインソールを作るのは、その専門医ではないという事を良く理解しておかなければならない。

専門医に診てもらいインソールを作ることになると実際に足の型を採ってくれるのはインソールを作成する別の先生で、その別の先生がインソールを作ってくれる。

足を診てくれた先生の考えが全て理解されてインソールを作ってくれるのか、患者の足の機能を問題無く矯正してくれるインソールを作ってくれるかは、全てこのインソールを作る先生に係ってくる。

作ったインソールが痛くて使えないというケースは沢山有るようだが、我慢をすれば何とか短時間でも使えそうな時に問題が発生しているようだ。インソールが痛くて使えないというと、「インソールってそんなですから慣れて下さい」と言われる。

使えば使うほど痛くなり、ついには足がタコだらけになってしまう。インソールを使うと足が痛くなり、出来たことのないタコまで出来るというのは最悪である。これでは足は良くならないだろう・・・・・・しかし、こんな事は良くある話である。

同じ材料を使っても出来上がるインソールは製作者によって大きく差がある。

これだけの違いのある技術に同じ金額で保険適用されるとはおかしな話である。

しかし、最近は専門医が 「あまりいたいようだったらそれは使わなくて良いよ、不要なら返品しておいて上げるよ」 という病院が増えているそうだ。

それにしてもひどい話である。

フォローする