インソール向きローファー1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通学にローファーを使っている学生さん達が多い様だが、「安くて堅いローファー」として確たる地位を築いていると言われるくらいで、「ローファー = 堅い」というイメージが強い。

このタイプの靴は、足を痛めやすく、足のバランスが崩れると今度は、痛くて履けなくなってしまう。

そんな状態でも、校則ではでローファーを履かなきゃならないところが多いようだ。

そんな中、有痛性外脛骨でお悩みのお子さんのお母様から履きやすいローファーを教えていただいたので、ここに掲載します。

このローファーはストラップというかベルトで足を安定した状態で履けるようにベルトがついている。また、皮も少し柔らかく足を大切に守ってくれる感じの履き心地でしかも、インソールを入れても履きやすいデザインになっている。

靴の中敷を簡単に取り剥がしが出来インソールを入れやすくしかもスペースが確保できる。

実際にインソールを入れて履いてもらったら、履き心地満点!

写真の中敷きは同種の靴を探す場合に参考になるかと思い、メーカ名の入っている中敷きを一緒に写しました。

新宿伊勢丹6Fの靴屋さんで購入されたそうです

フォローする