ウォーキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウエルネス・ウォーキングは、Finsoleのコンセプトに基づき、フィンランドのヴォーカッティ・スポーツインスティテュートと共同で開発した、新しいコンセプトのウォーキングスタイルです。

ポールを持って少し歩幅を広く姿勢を正して歩くスタイルは、「ノルディック・ウォーク」と呼ばれるスタイルとよく似ていますが、歩行開始前、歩行中、歩行後に行われるストレッチやエクサイズは、フィンソールが理学療法、リハビリテーショントレーニングのノウハウを基に開発をしたもので、最小限の運動で最大限の効果を、安全に得ることができることがウエルネス・ウォーキングのみが持つ最大の利点です。

ウエルネス・ウォーキングには、原則としてフィンソールが認定したインストラクターとセラピスト(療法士)の参加が義務づけられていて、常に参加者のコンディション、特に下肢のコンディションをチェックし安全で効率よいウォーキングスタイルを提供します。

正しい下肢のバランスを維持した後に、正しくあることで本来のウォーキング効果を得ることができ、しかも足腰に不自然なストレスを掛けることもなく、ウォーキングを楽しんで頂けます。

健康のために始めたウォーキングで膝や、腰をいためるケースが続出しています。こんなトラブルを避けるために下記のことに十分注意をして下さい。

 クロートウ・ハンマートウ

考えられる原因:
・第一中足骨が第二中足骨より短い
・凹足
・前足部の内反
・横アーチの低下

 

 

足の裏の指の付け根あたりの皮膚変形   

左の絵の赤丸で囲まれている辺りの足の裏の皮膚が硬く変形してたこのようになっている

 考えられる原因:
・機能不全による横アーチの低下
・足首の過回内
・第一中足骨の接地のタイミングが遅い

 その他、外反母趾モートン神経腫の軽度の症状、足底腱膜炎などの症状の見られる人が、足のバランスの改善をしないまま歩く事により様々なトラブルを生む原因を作って行きます。膝痛も腰痛も足もバランスの崩れを放置して無理な運動をすることにより引き起こされると言われています。

是非、ウォーキングを開始する前に足の機能バランスの改善を行い、バランスの良い歩きを確保して下さい。

参考:ウエルネス・ウォーキングの紹介ビデオが掲載されたページがあります。再生時間が長くビデオデーターの容量が多いので時間が掛かりますが、興味のある方はご覧下さい


フォローする