シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

種子骨の手術後にトラブル・・・手術失敗?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

種子骨の手術は無事終了したが痛みが引かない

有名大学病院の整形外科で種子骨の割れた骨の手術を受けた
写真の右足の母趾関節の上側から穴を空け、足裏側から種子骨周辺の穴を空けて種子骨の破片を摘出手術を行った

その後、6ヶ月間経過観察で通院するが痛みはなくならず、最近では処置の方法が無いと医師から伝えられ呆然として相談に来られた

「もう一生治らないのだと思っていましたが変わりますかねぇ…?」と言われ足の状態を診た

モートン足症候群があるようで母趾の動きが悪く体重が爪先に掛かる時に母趾球が捻る様に動く

この動きが手術後の種子骨に炎症を引き起こしているように思われる

この動きを整えると種子骨の痛みが軽くなり

パンプスも少々ヒールの高い靴も履けるようになった

一生治らないと諦めかけていたのが、痛みが無く歩けるようになったので一緒に来店されたご家族の方も喜んで下さった様です

手術自体は問題無く成功に終わったと医師は言うが、術後の経過が悪く痛みは全く引かないというのはもしかして手術が上手く行かなかったのではないかとも考えてしまう

しかし、足を整えると痛みが出なくなったので喜んで頂けた

良かったですね