シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギブスでは治りにくい有痛性外脛骨

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なかなか治らないと言われる 『有痛性外脛骨』

外脛骨は左の絵のように足首関節の近くの骨の角っこ辺りに有り、痛みを感じない人と、痛くて歩くことも出来ない人がいる。多くの人は外脛骨の痛みを感じることなく生活をすることが出来ているが、足のバランスの狂いやすい人の場合は、痛みを覚える事が多いようである。

痛みの出る足の動きを探ってみると次のようになる。

足首に体重が乗り足首関節の動きが狂っていると、体重で足が押しつぶされて矢印にあるような骨の動きをするようである。このことが、外脛骨を外へ向けて強く押し出す動きをするために体重が掛かると痛みが出てくるようである。

これを改善する簡単な方法は、足首関節が正しく機能して正しく体重を受け取り、足の骨を押しつぶすような動きを抑制することである事は有名で、足に詳しい人たちの間では常識とまで言われている。

多くの有痛性外脛骨の方が来店され足のコンディションを改善すると痛みが軽減してる。しかし、そのままではすぐに元に戻るので、良くなったコンディションを維持しながら改善できるインソールを使って頂いている。

大切なことは、この押しつぶされる足の動きを改善する事であるが、体重をかけると痛みが出ることから、脚にギブスをつける治療があるようだが、これでは足首関節の動きを改善できず、ギブスの加重が余計に足首に乗るために改善できるの悪くしてゆくのか分からない。

心配されることは、ギブスで脚を固定することで筋力が落ち足を守る筋肉が機能しなくなって痛みが増すことを懸念する。

殆どの場合、足の機能を正しく戻せば、外脛骨の痛みも改善されています。