原因不明で片付けられては堪りません

原因不明で片付けられては堪りません
どうもハイアーチの人の足は専門医でも馴染みがないのか、そもそも足の動きは診てもらえないのか解らないが、よく似たトラブルが頻発している

是非、是非、足の動きを診てバランスを狂わしている原因を探して欲しい

アーチサポートが高過ぎたり、サポートが固すぎたりするインソールは足首の周辺に痛みが生じさせる

足を治しに行って専門医の処方で足の別の場所も痛くなったのではしゃれにも成らない

お悩みの際にはいつでもお越し下さい

#ハイアーチ

#原因不明の足の痛み

 

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ <– 1 クリックお願いします

 

 

No Comments

県下一と自負する理学療法士がインソール作成

ハイアーチの問題が理解できなくて足とインソールに関しては県下一とは残念なことである

県下一の足に詳しい理学療法士とはどんな基準をもって評価するのか?

左足首、内くるぶしの周辺、アキレス腱廻りが痛くて病院院へ
原因が把握できないがインソールで改善する事になり、県下でも有名な足に詳しい理学療法士(PT)がインソールを作成する事になった

インソールを作ってもらったが何も変わらず今まで大丈夫だったところも痛くなった
PTは足の出方が悪いと言って腰の廻りをマッサージして歩いて見ると、今度は腰の動きが悪いと言ってまた腰を軽くマッサージする

この様な歩き方をしてくださいと左右の腰を押さえながら足の振り出しのタイミングを指導してくれるが、一向によくならない

このPTでは治せないと判断して、遠方より来店

話を伺い足の状態を診せてもらったら

・高すぎるほどではないがアーチが高い
・足首が内側に捻れるように沈む
・踵が内側に傾きやすい
・足裏からくるぶし下通って膝まで繋がっている筋肉が固く動きにくくなっている

これらの問題点を解決すべく硬くなった筋肉に柔軟性を与え歩いてもらったら、痛みが出なくなった

痛みが出ない状態に変わった足の型を取りインソールを作成した
夜は近くを歩いてもらい翌朝早く来店頂足のリコンディショニング
痛みは全くと言っていいほど出なくなった

『痛い時は安静にしろ、腰の動きが悪いので足が痛いなどのマッサージはなんだったんだろう』

『インソールの作成は歩く姿勢を見ては、パーツを貼り付けるパッチワークで時間が掛かる割には何も変わらなかったので、もう一生駄目かと思ったが、今は楽になり、この杖も要らなくなりました』

遠路お疲れ様でした
よくなってよかったですね

 

足の動きの変化をビデオに撮りました

 

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ <– 1 クリックお願いします

No Comments

謎の踵の痛み

踵が痛くなって整形外科(足立区にあるスポーツ整形外科)に行ったところ、踵の底が痛いのは・・・・・足底腱膜炎ではないし・・・・・もしかして外反母趾の影響かも知れないなぁと言って

まず足のサイズを測定、爪先、足の幅、趾の長さなどなど細かく測定して後日、外反母趾矯正用のサポーターを受け取りに行った

受け取ったのは、普通の医療用の既製品のサポーターであったには驚いた

受け取ったサポーターを毎日使っていたがどこも何も変わらない

cimg6458あれだけ足を細かく測定して受け取ったサポーターは医療用の外反母趾用サポーター、しかも費用は30,000円もしたのに母趾の関節は痛くなるし、踵の痛みが取れない

このまま治らないのではないかと相談にこられた

半年前に慈恵医科大学病院で足の専門医も、テレビでは足の診療所のドクターも、『外反母趾は踵の狂った動きが原因である』と話されていたが、相談者の掛かった足の専門医でスポーツ整形外科では踵には触れず爪先のサポーターを処方されたそうだ

正しいと思われる理論はなかなか広まらないようだ、整形外科の分野の中の医師の間でも様々な異なった考えがあるんだなぁ

 

そんな事を考えながら足の動きを診ると

第一中足骨頭の横に捻り押すような力が掛かり踵は倒れるように内側に体重を動かす動きになっている

この動きが、踵の裏から後ろ側にある脂肪層をかき回す様な動きになり褥瘡のような状態を作っているように見えた

よく言われる踵脂肪褥の様な動きをしている

cimg6455s正しく踵で立って踵が安定するように足をサポートする筋肉の緊張を解すと来店時痛かった踵の背中側の痛みが無くなった

 

踵に安定した体重が乗るようになると踵の周辺がすっきりして貼れとむくみがなくなった

 

このバランスの整った効果で外反母趾の母趾に掛かる捻れるような荷重が無くなった

 

原因は足のバランスの崩れでした!

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ <– 1 クリックお願いします

 

,

No Comments

ハイアーチの踵骨棘は治療方法無し???

足裏の外寄りと趾の付け根周辺の痛みが出てくる様になり気にはなっていたが、足を休ませれば治るだろうと思っていたら突然左足裏の踵の真ん中外寄りに痛みが走った

%e8%b6%b3%e3%81%ae%e7%97%9b%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%93%e3%82%8d%e5%9c%b0%e5%9b%b3

 

以前から有る痛みは、「足の痛いところ地図」の C D H で、今回激痛が走ったのは 『F』 の線の交わる辺り

足の専門外来で診てもらったら、『踵に棘が出来ています(踵骨棘)』と診断をもらった

これは治療のしようがないので余り使わないようにして足を休ませて下さいと言われ

同時に、いいインソールが有れば多少の効果はあるかも知れないが、基本的には治療の方法が無いと言われる

痛みの辛い時は、痛み止めの注射もあるが一応、ロキソニンを処方しておきましょうと痛み止め薬をくれた

この病院ではこの足に合ったインソールを作る人がいないようで、足に合ったインソールを探してみてはと、レントゲン写真を持たせてくれたと、来店された

 

写真には確かに左の踵の骨に棘が小さく映っていた

cimg6246mix

担当医は、「治療方法はないがこの棘が痛いと原因が分かっただけでも良かった」と言われたが、それでは納得出来ない

足は、「ハイアーチ」であったが左足はどうも回内が強く踵の動きに問題があるようであった

また、履いていた靴をみると確かに左の踵が後ろから見てもはっきり分かるくらい内側に傾いて磨り減っている

バランスの狂いを整えて足の型を採ると、綺麗なアーチがコピーできた

足をそのままコピーを取るので無理に持ち上げるような細工は要らず、自然のカーブが形取れる

横アーチを支える足の構造が機能すると優し気持ち上げるような構造がくっきり型取りできるためにインソール側に無理矢理小さな枕(メタターサル・ピローと呼ばれるパッドなど)が必要ない

cimg6261

 

問題は、ハイアーチの方で回内のある場合時に、アーチの裾をしっかりサポートしてしかもアーチが沈む時に適度の強さで沈み来るアーチを受け支える強度を持つ少し柔らかめのサポートが必要になる

cimg6273smsx

このサポートが改善のスピードを決める重要なポイントになる

本来は型取りをしたままのインソールで十分機能するが、ハイアーチの方で回内の強い人の場合にはこの裾野のサポートが必要になることがある

これで、踵の痛み無く歩けるようになり安心して頂けました

 

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ <– 1 クリックお願いします

 

 

No Comments

体験者が語る、間違った靴選び!

CIMG1543S

2年前に足も脚も痛くて走れないと相談に来られた

よく見ると趾先が浮いている

バランス良い立ち方が出来ないくらい筋肉の力バランスが狂っていた

バランスを整えてバランス良く立てる様になった脚のコピーを取りインソールを作成

しばらく、毎日1分ストレッチを続けてもらった

2週間後には何とか走れるようになったが太もも内側に筋肉痛が出た

 

それから、2ヶ月後には、ハーフマラソンにも出れるようになった

その後、フルマラソンに参加、ウルトラマラソン、国際トライアスロンも完走できる様になり足はすっかり良く成った

今年の1月に再度ウルトラマラソンに出るためにランニングシューズ選び、ユニフォーム選びをしていたら、ランニングアドバイザーからの『ウルトラを走る時には地面からの衝撃も強いので軟らかいアウトソールの靴がよい』との指導を受けて、クッション性の高いランニングシューズに変えた

同時に、足は良くなって居るのであればインソールは重いだけで役に立たないとの意見もありインソールを使うのを止めた

それでトレーニングを続けているうちに、腰や背中が痛くなりマッサージや整骨院に通うが良くならない

もしかして足が・・・・と思いまたストレッチを始めインソールを使い始めた

それで次第に楽になってきてハタと気がついた

クッション性の高いアウトソールは快適に感じるかも知れないが、足が正しく使えないと体重負荷の掛からなくて良いところまで圧迫されて狂った筋肉の使い方になり腰も疲れ背中に痛みが出るのだと分かりました

この様に報告を頂き実際にクッション性の高いマットに足を乗せて説明をしてくださった

CIMG6171

クッション性が高いと足を包むようにサポートしてくれるが体重負荷が掛からない方が良いところまで負荷が掛かってしまい(写真の提供有り難うございます)

それによって、使わなくて良い筋肉まで勝手に使われてしまう

体重の負荷が分散されて楽という人も多いが、負荷を分散させないと辛いくらい足の機能が衰えているので有れば仕方ないとしても、そうでなけばやたらクッション性を求めるとそれによって失う物が出てくる

この体験から

『バランス良く立てる足になると高いクッション性は必要なく適度に固いアウトソールで十分である』

と考えるように成ったそうです

 

足のバランスに問題のない人には、クッション性の高い靴は快適なのかも知れないがバランスの崩れやすい足の人には必ずしも正しい靴選びとは言えないとの感想を述べられた・・・・・ごもっともです、私も同感です

 

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ <– 1 クリックお願いします

 

,

No Comments