郵送によるインソールの調整

CIMG5522

熊本県玉名にお住まいのお客様からパンプス用のインソールの調整依頼が届く

足の状態が変わった来て少し調整をした方がより履きやすくなるのでインソールを郵便で送って頂きました

 

レターパックを利用されると投函して翌日に届くのですが、普通郵便だと九州からは投函して翌々日になる様です

しかし、詳細な現状の連絡を頂ければ遠く離れておられる方でもインソールの微調整は可能です

届き次第必要な調整を行い同日に返送できるので便利です

当方の不定期ですが休日もあるので投函される前に投函予定日を連絡頂ければよりスムーズに運びます

安心してご利用ください

遠くにお住まいの方へのインソールの補修サービスについてを参照下さい

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ <– 1 クリックお願いします

No Comments

カイロの先生の感動のアドバイス(足は治せません)

腰痛の悩みで病院に行くと検査をして腰椎の数が1つ多いのが原因と言われレントゲン写真を見せながらこちらの左側が骨と骨の間隔が狭くなっているのが痛みの原因と言われた

しかし、特に具体的な治療がない

なんとか治したいと思って有名な地元シドニーのカイロプラクティックに通って治療を続けていたが途中で車が追突されて鞭打ち症になった

首から肩に掛けての詰まって引っ張られるような痛みが治らず、腰痛と首の痛みの治療を受けていたが、カイロプラクティックの先生が体全体のバランス診ながら・・・・・

『まず、足を治した方が良いねぇ、足はカイロでは治らないので足の専門のところでバランスを整えてインソールを作ってもらうと良いですよ!』

とアドバイスを受け、来日来店された

足下のバランス整えるとこれまで痛くて出来なかった前屈が少し楽になり首回りから肩の緊張が緩んできた

この足の状態を型取りインソールを作成して歩いて頂いた

バランスも良くなり姿勢も変わってきた

これでもう少し整うとすぐにオーストラリアへ帰れますね

それにしてもオーストラリアのカイロプラクティックの先生はすごい

歪んだ骨格の並びはカイロでの施術で整える事は出来るが足は複雑でしかも全体重が乗りその上で重心が移動する足の動きはカイロの施術では治らない

足下のバランスが整った上でカイロの施術を施すことで過多だ全体にわたる体の改善が出来るが、足だけはカイロでは治らないと説明を受けると患者も安心ができる

 

我が国では、プライドにかけても何度も通わせて施術だけで足を治そうとするところが多いと聞くが適応範囲をわきまえた治療アドバイスが欲しいなぁ

 

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ <– 1 クリックお願いします

 

No Comments

足を理解した上で靴を選んでください

靴選びは自分の足の状態を良く理解した上で必要のない機能、デザインの靴は避けて足の状態に有った靴を選びましょう

靴選びは足の状態を目で見て理解できる専門家のアドバイスを受けて過剰効果のある物は避ける事が重要です

CIMG5414S

事例として、近年ランニング時に過回内に成らないように靴のアウトソールの材質の強度を内側と外側に異なった物を使っている物が多くなっているようです

写真の様に色の違う辺りの素材が固く沈み込みが少なくなるようにして過回内の動きを避けようとする機能の組み込まれた物があります

 

これは足の狂った動きやバランスの崩れなどから来る過回内を防ぐために靴のアウトソールに特殊な加工を施し足の動きに制約を与えてトラブルを避けるようにデザインされているようです

 

しかし、これはこれでよいとしても人の足は左右でも異なり、人それぞれ異なります

 

たとえば、足の写真の様に左側は回内の少ない動きの足で、右側は回内の比較的多い足であるように左右で異なる方が多いようですCIMG4601mix

 

この場合、右足には写真上の様なシューズは比較的効果が有ると思われますが、左足には逆効果となり足裏の外側、ふくらはぎの外側が痛くなります

これは靴のアウトソールに必要以上の堅さが感じられ足裏を土踏まず側から押し上げるような動きになります

 

この様に足の状態に合った靴を選ばないと効果が得られないだけではなく足を傷めます

 

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ <– 1 クリックお願いします

No Comments

ハイアーチの足底腱膜炎を電気で治す根拠は??

踵が痛くなって足の専門病院に行ったら、レントゲンを撮ってそれを見ながら 『足底腱膜炎だねぇ、アーチが高いので難しいよ、湿布を出しますが暫くリハビリの先生の指導を受けてリハビリをしなさい、痛い時は無理しないで安静に!』

CIMG5106S

と言われてリハビリ科へ行くとタオルを掴んだり足首をぐるぐる回す体操などを指導して下さるが、体重を乗せるような動きが出来ないのでリハビリも辛い

もっと効果的な事は無いかと相談したら、「インソールという方法もあるが、アーチの高い人には向いていない」と言われ、痛みが酷ければ注射もありますが、リハビリを頑張るようにと言われた

 

それで、足に詳しい整骨院というところを訪ねたら、通ってくると治りますと言われて16回も通った

1回の治療時間が待ち時間も入れて30分程度で電気治療だけで費用は2,700円

しかし、通っても通っても良くならない

「インソールは作れないかと聞いたら、インソールは通常足のアーチが低い人のアーチを作るための物でアーチの高い人には不要です」といわれ納得できず、相談に来られた

CIMG5112S

足の状態を診ると確かにアーチは高い

立った姿勢でファイス線 (Feiss Line) より少し高い位置に舟状骨がある

これで母趾が少し外反しているというのは体重が上手く足に乗らず足裏を押しつぶしながら外側に向けて押し捻るように押しやる動きをするのであろう

ポイントは足首の関節の動きと踵の動きであるが、まさにこの動きが足底腱膜を押し広げているのであろう

この動きを改善しないと痛みの出る足の動きは変わらない

これは電気治療や、湿布、テーピングなどでは改善出来ない

ましてやブロック注射なんて痛みを誤魔化す瞬間芸の様な物では治るとは思えない

これまでの症例から考えると

舟状骨の動きをサポートする筋肉の柔軟性を高め効果的に使える様にバランスを整え良くなった足のバランスを維持するインソールを使うことが最短の改善方法である

この方の場合(52歳女性:立ち仕事)は、初回来店時から4日目にバランス調整に来店され次に8日後に最終調整に来店された

足は最初に整えたバランスを元に改善が始まり自然に改善が進むが、改善を速めるには痛みが気になる時には来店頂バランスの微調整を行うことで改善を速めるようです

痛みがなくなっても足の疲れから舟状骨をサポートする筋肉の疲労からサポート力が落ちてくると痛みの出る動きに変わり易いので、忘れずにストレッチを行って欲しい

 

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ <– 1 クリックお願いします

 

 

 

,

No Comments

海外のお客様へのインソールの補修サービス

CIMG5312SXXインドからの来店予定のお客様の準備をしているところに、タイのお客様よりEMSでインソールの修理依頼が届く

インソールの不具合の調整や剥がれ等の補修は全国何処からでも郵送頂ければ補修、修理して返送します

国内の場合は、レターパックを利用しますが海外からはEMSを利用しています

ちょうど、インドから来店された方も日本に帰ってこれるのは1年か2年に1回程度だそうで、EMSでの補修サービスは助かりますと、このサービスを評価して下さいました

遠隔地の方へのインソールの補修サービス

 

 

 

No Comments