子供の足
<トレーニング><発育中の骨と靱帯><足首の捻挫><骨折><踵骨の骨軟骨炎><シンスプリント>

有痛性外脛骨・くるぶしの痛み特集

有痛性外脛骨・くるぶし付近の痛みの事例紹介
(クリックしてご覧下さい)

外反扁平足の歩行改善事例
外反扁平足の歩行改善事例 (小学校1年生)
(クリックしてご覧下さい)


動き回る子供と足

子供達には、スポーツに参加することを促すようにしましょう。
運動は楽しいものであることも忘れてはなりません。勝つことだけに焦点を 置いたのでは子供を趣味のスポーツから遠ざけてしまうこともあります。定期的な運動は血液の循環をよくし、筋肉を強化する、筋肉運動能力を高める などの利点があります。スポーツに参加することは自立性、チームワーク、 健康な体の大切さの理解を養い、これらの習慣は一生を通じるものになります。



トレーニング

子供はそれぞれのペースで身体的に成長し、それぞれ異なった運動能力を持っています。
いくらトレーニングをし ても子供の自然に持つ運動能力を上げることはできませんが、トレーニングは筋肉運動能力と遂行能力を高めることに効果があります。子供 (特に10歳以下)のトレーニングは 、スポーツの種類に関わらずしっかりした技術と基礎動作に集中する必要が あります。専門医によると、早すぎる時期にある特定のスポーツだけに集中してしまうと、後に足や足首の障害がでる可能性が高いともいわれています。 スポーツの種類を選ぶのは10代の後期まで待つ方が賢明な様です。運動前のウオームアップは年齢に関わらず けがなどの予防に役立ちますが、運動組織が発達中の子供にとっては 特に大切です。早期からストレッチを 身につけることは、筋肉の発達も伴って趣味のスポーツによい基盤を作り ます。




発育中の骨と靭帯
子供のまだ完全に発達していない骨は 大人の骨とは異なります。
子供の成長期にみられる骨端軟骨は女の子で 13-15まで、男の子で15-17 までに骨化し、この時期まで骨の成長 が続きます。この軟骨はストレスがかかると、腱や靭帯よりも負傷しやすい傾向があります。大人の場合、骨折が起こる前に靭帯が伸びたり切れたりします。長期にわたる過労は骨端軟骨の炎症を起こす原因になるので、注意しましょう。

子供には、いろいろな種類のスポーツを経験できるように促しましょう。これは陸上、体操、テニスなどの毎日長時間のトレーニングを必要とする個人 競技において特に大切です。ひとつのスポーツに集中し、一度に何時間も練習をする子供はけがや障害をおこしやすいという統計もあります

足の治療を専門とするフィンソール公認の理学療法士、整体師による下肢の検査を受けることで、足の長さの差、生体力学的な不均衡などを解明し、けがや障害の予防に役立てることができます。

多くの子供に前足部の過度のねじれがみられ、これは足底アーチ (土踏まず) の低下 として一般的に知られています。ほとんどの子供の場合、土踏まずの低下は 医学的な治療をしなくても自然に解消します。子供が明らかにつま先のねじ れに不快を感じる時は、けがや障害を 起こす徴候かもしれません。活発な子 供には次のようなけがなどがよく起こ ります。




足首の捻挫
幼年期を過ぎた子供には骨折よりも捻挫がよくみられます。捻挫の場合も足首の腫れを伴うことがあります。早い回復のためには、即時の手当てが必要です。理学療法士の処方したバランス、ストレッチトレーニングを実行することで筋肉機能を早く回復することができます。




骨折
子供のスポーツ選手には疲労骨折がよくみられます。骨端軟骨は特にけがなどをしやすい部分ですが、骨幹の骨折もみられます。ひどい骨折ではない場合、休息と骨折部の固定だけですむこともありますが、複雑な骨折の場合はギプスや手術などが必要になることもあります。




踵骨の骨軟骨炎
骨端軟骨の炎症は負担をかけた後に悪化する踵の痛みとして現れます。これは踵の靭帯を通じて骨との接点にかかる過労が原因になります。主に休息したり、氷を使って冷やしたり、踵部を上げて治療します。




過労性脛部痛 (シンス プリント)
この疾患には休息をとることが一番の治療です。痛みがとれない場合は、医師にかかって筋肉の強化トレーニング 、治療用の靴、カスタムメイドのインソール(靴の中敷) などの処方をしてもらいましょう 。


両親は子供がスポーツで活躍するのを 見るのが楽しみですが、そのためにプレッシャーをかけすぎることは身体的 ・精神的な病気につながりかねません 。子供たちにはスポーツを楽しむことを覚えさせましょう。





Back to MENU

(C) 2008 Finsole Japan & Urban Dynamics All right reserved